フリーランスの仕事は営業が大切

subpage1

フリーランスの仕事は自分から動かないと仕事は入ってきません。



言い換えれば、自分で自分の仕事を売り込む営業力が必要になります。

まずインターネットを活用して、自分のスキルや自分の実績を多くの人にアピールすようにしましょう。そのためにはホームページを作ることが有効です。
ホームページを作って、そこに自分のスキルや自分の実績を記載します。それだけでは、ホームページを見に来る人は少ないので、普通の人に役立つ情報を載せてみましょう。
例えば、フリーランスでアロマセラピーをする方だったら、役に立つハーブの情報をホームページで紹介します。

ホームページには問い合わせができるフォームを備えるようにしましょう。
そのフォームが仕事につながるかどうかは分かりません。
それでも仕事のきっかけになる可能性はあります。もし何か問い合わせがあったら、それに丁寧に答えるようにしましょう。

誠実な人だと言う印象を与えることができます。

生身の人間に会って、自分のスキルや実績をアピールすることも必要です。


異業種交流会や勉強会などに積極的に足を運ぶようにしましょう。



自分の仕事の内容を書いた名刺を作っておいて、それを異業種交流会や勉強会に来た人に配るようにします。その名刺に自分のサイトのアドレスを書くのを忘れないようにしましょう。フリーランスは人と人のつながりが大切です。



たとえ異業種交流会や勉強会で仕事を得られなくても、いろいろな人と信頼関係を作っておけば、それが実際の仕事につながることがあります。

読めば解る

subpage2

現在、日本の総人口のうち、およそ1割がフリーランスとして働いているというデータがあります。しかし、正社員やフリーターとして働いていて、空いた時間にクラウドソーシングなどで副業収入を得ている人もこれに含まれるので、フリーランスとしての給料だけで食べている人はもっと少なくなるようです。...

next

ビジネスの実態

subpage3

フリーランスとは、特定の企業や団体・組織などに専従しておらず、独立した個人として仕事を請け負う事業形態のことです。このような働き方をしている人はフリーランサー、またはフリーとも呼ばれます。...

next

サポート情報

subpage4

フリーランスで仕事をするときは、資格が役立ちます。司法書士のような有力な資格が好ましいのですが。...

next

納得の真実

subpage5

インターネットの普及により、フリーランスとして働くという選択肢が増えました。場所にこだわることなく、インターネットの活用で情報のやりとりは容易であり、したがって、直接会わなくても仕事が可能になっています。...

next