フリーランスで働くときは資格が役立つ

subpage01

フリーランスで仕事をするときは、資格が役立ちます。

司法書士のような有力な資格が好ましいのですが。

比較的簡単に取れる資格でもプラスになることがあるので、積極的に資格の取得を目指しましょう。
もし可能だったら、フリーランスになる前に資格を取るようにしましょう。
会社で働きながら資格を取って、その資格を使って実際の仕事をします。



実際の仕事をしたら、それが実務経験になって、フリーランスで働くときにも活用できます。
フリーランスはずっと仕事があるわけではありません。運悪く仕事の依頼が途切れることもあります。
そんな時は暇な時間を資格の取得のための勉強に使いましょう。
資格は一つではなく、複数取るようにした方が仕事の幅が広がります。
例えば、中小企業診断士の資格を取ったら、それに関係のある資格を取るようにします。不動産鑑定士の資格を取るのがお勧めです。

不動産鑑定士の資格は難易度が高いですが、中小企業診断士の資格を取るときに勉強したことを活用できるメリットがあります。


資格を取るときは独学で勉強するのも一つの方法ですが、学校に行く方が将来のためになります。学校でいろいろな人と知り合いになることができれば、自分の人脈を作ることができます。
すぐに仕事につながらなくても、その人脈を通して、将来仕事を得ることができるかもしれません。

フリーランスで働くときは人と人とのつながりが重要です。



そのつながりを大切にすれば、自分の仕事に必ずプラスになります。