フリーランスの概要と特徴

subpage01

フリーランスとは、特定の企業や団体・組織などに専従しておらず、独立した個人として仕事を請け負う事業形態のことです。


このような働き方をしている人はフリーランサー、またはフリーとも呼ばれます。



とりわけ自身の持つ技能を提供することを仕事としている個人事業主や個人事業法人に対して用いられる言葉であり、技術職や専門職に多く見られます。メディア関係ではアナウンサーやライターやジャーナリストなどの報道関係のほか、事務所に所属していない芸能人も当てはまります。



商業芸術関係では、画家や作家や音楽家、イラストレーターやアニメ制作関係などが該当します。
技術職では特にシステムエンジニアやプログラマーなどIT関連業界の関係者が多いのが特徴です。

明日に役立つNAVERまとめ情報サイトを使用する機会が増えています。

フリーランスは必ずしも法人格を持つ必要はなく、オフィスを構える必要もありません。


仕事量も報酬も個人の営業能力や技能によるところが多く、高い能力を持ちコネクションやネームバリューがある人ならば同業のサラリーマンよりも多くの収入が見込めます。その半面、固定給がない分収入が不安定な傾向があり、本人の能力や営業努力が乏しい場合や、急病などの事情でこなせる仕事量が減ると即収入減少に直結します。
また、納税手続きや各種社会保障、保険の加入など、サラリーマンならば会社が行う事務手続きもすべて自分で行う必要があります。


そのため、若い頃からフリーランスを志している人であっても、まずは関係する企業に就職して経験を積みながら人脈を広げ、独立に向けて必要な勉強や準備を行い、その後フリーランスに転身するという順序を踏む人が少なくありません。