フリーランスとして働くこと

subpage01

インターネットの普及により、フリーランスとして働くという選択肢が増えました。


場所にこだわることなく、インターネットの活用で情報のやりとりは容易であり、したがって、直接会わなくても仕事が可能になっています。

すなわち、企業などに属さなくても、働くことについて制限が少なくなったことは事実です。



また、企業側においても、職員を雇用して使役する中で仕事をこなさなくても、フリーランスの人に依頼をして対応を任せることで、人件費などの抑制効果が見込めます。

すなわち、フリーランスをフルに活用していく企業が増えてきているわけです。



依頼料という形で報酬を支払い、仕事を頼んだもの以外では当然ながら費用の発生がありません。

結果的に依頼をしたときだけの費用負担で済みます。仕事を依頼する側だけではなく、仕事を受注する側にもメリットをもたらしています。
期日という時間制約はあるにせよ、それ以外ではいつ作業を行っても問題は無く、ましてやその他の業務をするかどうかは自ら決めればいいわけです。


引きうけたくなければ最初に断れば済みますし、断ったからと言って人事で評価が下がることなどあり得ません。

すなわち、好きな仕事を受注して対応をすればその報酬としてお金がもらえます。



働きやすさから言えば、雇用されるよりは非常に精神的に楽であることは疑いようがないものです。

また、仕事に慣れてくれば、サラリーマンよりもより多くを稼ぐことに繋がりますので、より収入アップが見込める場合もあるでしょう。